ロンドンでも Apple Pay は便利!対応クレジットカードは・・・

ロンドン暮らし

ロンドンは iPhone の Apple Pay さえあれば、「財布無し生活」が実現できてしまいます。

それほどまで電子決済が主流です。ロンドンに来て3ヶ月が経ちましたが、僕はほぼ現金を使ったことがありません。日本でも電子決済が可能な場所を増やそうとしていますが、まだ現金を持っていないと心もとないですよね。

もし iPhone 7 以降で Apple Pay が使える端末を持っているのなら、ロンドンでは大活躍間違いなしです。

しかし、海外で使うには少し注意が必要なので、この記事で解説したいと思います。

注意) Apple Pay 対応のクレジットカードは?

たとえば、Apple Pay に対応したクレジットカードであっても、すべて実際に使えるわけではありません。

Apple Pay に登録可能かつ「Mastercardコンタクトレス」として使用できるクレジットカードのみです。

これはロンドンに限らず、海外共通です。

たとえば・・・

  • MUFGカード(Mastercard)
  • 三井住友カード(Mastercard)
  • DCカード(Mastercard)
  • オリコカード(Mastercard)
  • セゾンカード(Mastercard)
  • au WALLET クレジットカード(Mastercard)
  • ジャッカスカード(Mastercard)
  • リクルートカード(Mastercard)など

手持ちのカードが対応しているか確認した方が良いかもしれませんね。

ちなみに僕は「リクルートカード」を Apple Pay に登録しています。

今まで JCB のリクルートカードPlus を愛用していたのですが、ロンドンで Apple Pay を使いたかったので、急いで Mastercard も作ることにしました。

Wallet に追加する

Wallet に追加すると、こんな感じで表示されます。

リクルートカードをウォレット登録

リクルートカードをウォレット登録

カードにマークが2つありますが、日本では「QUICPay」として使え、海外では「Mastercardコンタクトレス」として使用できることを表しています。

QUICPay は国内のみ対応しています。このマークしかない場合は、海外では使用できないのでご注意を。

楽天カードとapple pay

楽天カード(Mastercard)

例えば、楽天カード(Mastercard)の場合、QUICPay のマークはありますが、Mastercard のマークがないですよね。つまり、海外では使用できません。

逆にここに Mastercard のマークがあれば、海外で Apple Pay が使用できるので確認してみてください。

Apple Pay が使える場所

コンタクトレス(NFC決済)

Apple Pay が使える場所 = コンタクトレス対応の場所です。上のマーク(NFC決済)がレジにあれば、たいてい Apple Pay も利用可能です。

コンタクトレスマーク

コンタクトレスマーク

上の写真は証明写真ボックスの中ですが、コンタクトレスマークがありますね!なので、利用可能です。

Wallet 登録が完了していれば、後はリーダーの画面にかざすだけです。日本で電子決済するときと同じですね!

まとめ

海外で Apple Pay を使うときは、登録するクレジットカードに注意が必要ですね!

旅行先の国がコンタクトレスに対応していれば、上記の方法で問題なく利用可能です。

僕も先日、アムステルダムを旅行しましたが、ロンドンと同じく様々な場所で Apple Pay が使えました。海外旅行でも非常に便利ですね。

ロンドンに来て初めて Apple Pay を使ったときは「本当に使えるのかな…」と不安だったのですが、無事に使えてホッとしたのを覚えています。現在はロンドンで新しくMonzoカードという Apple Pay 対応のデビッドカードを作ったので、基本はそれで決済しています。

イギリスに来たらモバイルバンキングアプリ「Monzo」で口座開設しよう

現金を持ち歩くとスリなどの不安がありますが、Apple Pay があれば、現金を持たずに済むので安心です。iPhone ユーザーはぜひ海外でも使ってみては?

ロンドンの詳しい電子決済事情については、また後日紹介したいと思います!

コメント